今日も明日も、わかばマーク

アラサー妻と、台湾人夫の、のんびりすぎる妊娠・育児キロク。妊娠~育児…毎日が初めてだらけ。私の体験が誰かの役に立てばと思いブログにしました。

子どもの名づけ〜ハーフの場合〜

こんにちは、はるです。

生まれてくる子どもが台湾とのハーフですが、名前について考えました。

 

f:id:harumama-ikuji:20171102153131j:plain

 

  

日本風?台湾風?

 

お義母さんが日本人と再婚したため、旦那さんの今の国籍は日本です。

 

ですが、生まれてくる子は日台ハーフになります。

 

 

ハーフだから、日本でも台湾でも読める名前にしよう!!!

 

 

最初は、そう言って考えていました…

 

でも、考えれば考えるほど、

 

 

 

キラキラネームに!!笑

 

 

 

いや、でも日本でも、台湾でも通用する…

 

 

ん?ちょっとまって…

 

 

通用する名前って何だろう…?

 

 

 

アリスとかジョージとか、そういう名前を付ければ世界に通用するのか?

 

 

 

名前じゃなくて、その人となりだろ!!!

 

 

 

という答えに私たち夫婦は行きつき、日本名で付けることにしました(日本国籍だし)

 

 

 

台湾は改名が許されている?

 

話はそれますが、

 

台湾では名前の変更が2回(だったかな)まで認められているらしい。

 

 

親からもらった名前なんで変えちゃうの?

 

 

って思うけれど、運気が悪くなったから名前変更しよう!的なところがあるらしいです。

 

 

ちなみに、旦那さんは改名はしていないのですが(名前の読み方が日本風になってはいる)

 

 

旦那さん、お義母さん、おばあちゃん、お義母さんの姉たちは

 

 

何故か、イングリッシュネームで呼びあってます…(謎)

 

 

「キャサリン」とか「マイケル」とか「ビビアン」といった感じ…

 

 

理由は不明ですが、誰が誰なのか未だにわかりませんw

 

 

姓名判断に行く

 

そんな、台湾生まれだからか、

  

子どもの運勢が気になるのか、名前の候補を持って占いに行きたい

 

 

と旦那さんが言うので、行ってきました!

(本来は生まれてから、生年月日とか時間とかで占うらしいです)

 

 

いざ、中華街へ!!!

 

 

 

私は、イベント感覚でついて行きました。

 

だって、所詮占いだし〜

 

 

 

 

旦那さんが行きたかったお店は、

その日姓名判断できる占い師の人がお休みで…笑

 

 

 

その近くのお店に入ったところ、なんとみてくれたのは「中華街の母」

 

 

 

肩書きだけでも、なんかスゴそう!

 

色んな土地に母がいるなぁ( ´_ゝ`)

 

 

 

 

…って思っていながら、占いしてるところを見ていたのですが

 

 

 

結果を聞いて唖然。

 

 

 

「天格、人格、地格、外格、総格、全部この名前だと凶だね!!」

 

 

 

まさかのオール凶!!!!

 

 

 

そんなことって、ある?

 

 

 

占いなんて〜と言っていたけれど、オール凶と言われてしまうと…なんというか……汗

 

 

 

あまりにも不憫に思ってくれたのか、

ネーミングセンスのない夫婦だと思ったのか、

 

 

 

漢字といい画数の候補をだしてくれました…

 

 

ありがとう、母…。

 

 

 

ただ、姓名判断も考え方によっては方法が違うらしく

 

 

例えば「河」という字なら、普通「8画」ですが、

 

今回占ってもらったところでは「氵」は「水」という漢字で考えるため、

 

「河」は「水+可」で「9画」というふうに数えるらしいです。

 

 

携帯で出来る姓名判断とまた違うようです。

 

 

 

 

結果をうけて、私たちは「オール凶」という名前を手放すか、他の候補にするか、占いは所詮占いと考えるのか…

 

悩みました。

 

 

(だって、凶…)

 

 

 

名前何がいいか、本人に聞いてみた

 

迷った挙句、

 

 

「本人に聞いてみようじゃないか!」

 

 

ということになりました。

 

 

胎動がわかってから、ずっと続けていたキックゲームを使って、

お腹の子に聞いてみることにしました。

 

 

「◯◯(←オール凶の名前)が良ければ、1回キック。嫌なら2回キックして」

 

 

 

 

 

(゚∀゚)(゚∀゚)ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

「ボブッ!ボブッ!!」

 

 

 

 

 

いままでにない、強烈なキックが2回かえってきました…笑

 

 

 

ごめんよ…ネーミングセンスなくて…

 

 

嫌なんだね…泣

 

 

 

そこからは、中華街の母からもらった漢字といい画数をもって、考え直すことに。

 

 

 

 

やはり漢字には、意味を込めたかったので

 

 

母からの漢字の提案は無視して(すまん、母)

 

画数とこういう人になって欲しいという願いを込めて、名前の候補をあげました。

 

 

 

それで、キックゲームが面白かったのでまた候補の中から本人に聞いてみることに(笑)

 

 

「いいと思う名前があったら、キックしてね」

 

 

結果→

 

 

3つに反応しました。

 

 

しかも、その3つが大吉の運勢の名前(笑)

 

(候補の名前は吉〜大吉まであった)

 

 

 

子よ…

 

 

 

そんなにオール凶がトラウマに?笑

 

 

 

姓名判断とか色々としましたが、

 

 

やはり名前は

 

 

親が最初に子どもにプレゼントするものだから、

 

 

きちんと2人で、ギリギリまで考えたいと思います。

 

 

(本人の意思も尊重して)