今日も明日も、わかばマーク

アラサー妻と、台湾人夫の、のんびりすぎる妊娠・育児キロク。妊娠~育児…毎日が初めてだらけ。私の体験が誰かの役に立てばと思いブログにしました。

マタニティマークに感謝

こんにちは、はるです。

マタニティマークをつけていて、私は感謝することが多くありました。

マタニティマークつけないほうが、いいんじゃない?つけるの、怖い。

と思っている妊婦さんに、「そんなことないよ」と後押しできればと思い記事にしました。

 

 

f:id:harumama-ikuji:20171006162154j:image

 

マタニティマークは、つけた方がいい。

 

私もマタニティマークをつけるか悩み、初めはつけなかった人です。

 

ネットとかの情報だと、嫌がらせされたとかマイナスな情報があり、つけることがとても怖かったです。

 

 

でも、毎日変わっていく自分の体お腹の子を守れるのは、私しかいない

 

と思ったら、つけるべきと判断しました。

 

 

特に、妊娠初期はお腹がペタンこだし、見た目ではわかりません。

 

(8か月の今も、妊婦だとわからなかったと友人に言われるくらいです…えー)

 

 

立ってることがつらく、脳貧血で倒れたこともありました。

 

そんな時、マタニティマークのお陰で助かったこともあります。

 

 

妊娠してから、歩く速度も遅くなり、勤務地が渋谷だったため、

 

「お先にどうぞ」的な意味をこめてリュックにつけていたこともあります。

 

 

マタニティマークは、

 

 

「妊婦なんだから、席譲れ」マークでは決してないと思っています。

 (もちろん譲っていただけたなら、大変助かります。)

 

 

 

 

 

マタニティマークのお陰で、優しさにふれた

 

沢山の人に感謝しなければなりません。

 

 

電車で席を譲ってくれた、高校生、サラリーマンの人、ヤンキー風のお兄ちゃん、ギャル系お姉さん、大学生、OLさん、おばあちゃん、おじいちゃん

 

渋谷駅で、「おねえさん、階段より、あっちのエスカレータ使ったほうがいいっすよ。お大事にね」と声をかけてくれたお兄さん。

 

スーパーでカゴ片づけを手伝ってくれた、子連れのお母さん。

 

 

一人一人、顔を忘れないように。

 

 

お腹の子が無事に生まれたら、

 

ちゃんと伝えないとって思っています。

 

 

あなたが、無事に生まれることが出来たのは、

 

沢山の名前の知らない人たちが、

 

優しくしてくれたおかげなんだよ…って。

 

 

そして、私もこの優しさを別の誰かに、返さないとと思っています。

 

 

マタニティマークについて、色んな意見があるけれど、

 

私は今まで、本当に感謝すべきことしかありませんでした。

 

だから、悩んでいる人はつけてみて下さい。