今日も明日も、わかばマーク

アラサー妻と、台湾人夫の、のんびりすぎる妊娠・育児キロク。妊娠~育児…毎日が初めてだらけ。私の体験が誰かの役に立てばと思いブログにしました。

これ、陣痛ですか?〜ドタバタ出産レポ〜

お久しぶりです、はるです。

 

息子が生まれてもうすぐで3週間。それまで色々ありました…。笑

 

細々になりそうですが、またブログ再開したいと思います。よろしくお願いします〜(*´꒳`*)

 

f:id:harumama-ikuji:20171210122142j:image 

 

 

 

陣痛と気がつかなかった私

 

妊娠37週。正産期と呼ばれる週。

 

予定日にむけて、散歩とマタニティヨガに励んでいた私。

 

37週と1日目の深夜。

 

 

恥骨あたりが鈍く痛くなり、ウトウトしたり起きたりを繰り返す。

 

 

 

これが、陣痛だと思わず

 

 

 

もしかして、便秘かな…?

それとも夜ごはんがあたった?

 

 

と思い、痛くなる度にトイレにいって

 

 

「いきむ練習しよう!」と呼吸の練習をする(笑)

 

 

だんだん痛くなる腹痛。

 

 

もしかして、前駆陣痛とかいうやつ?

 

 

と思い、ネットで前駆陣痛について調べるw

 

 

 

痛みは生理痛に似ていて、上から下にグーっと押されるような感覚。

 

 

寝てられないので、ヨガで習った陣痛来た時にする動きをしてみる

 

 

四つん這いになって、お尻で大きく円を描く

 

 

これをすると、楽になるので陣痛来たらおススメです。

 

 

それは、陣痛です。

 

痛いけど、予定日よりまだ早いし、

 

四つん這いのヨガのポーズをすれば痛みはすぐ遠のくので

 

 

これが陣痛だ!という考えには至らなかった私。

 

 

5時すぎに2度嘔吐。

 

 

これは……!!!!

 

 

 

食中毒かも!!!!!!!

 

 

 

とパニックになり(笑)旦那さんを起こして事情を説明。

 

 

 

 

旦那「それって…陣痛じゃないの?」

 

 

 

 

と男性ながら、的確に判断してくれた旦那。

 

 

ただ、陣痛はもっと痛いものと思っていた私は

 

 

「いや、陣痛じゃない!でも吐いたから何かあるのかも!」

 

 

と言い張り、心配なので産院に連絡。

 

 

 

助産師さん「痛みの間隔はどれくらいですか?…え?はかってない?じゃぁ、はかってみて、1時間後に連絡くれますか?吐くっていうのは出産の兆候ですよ」

 

 

 

出産の兆候Σ(OωO )

 

 

ここに来て、やっと陣痛だったのかもと思う。

 

 

間隔をはかるまえに、お風呂に入ろう!と思い

 

 

お風呂へ(*´꒳`*)

 

 

ちなみに陣痛の間隔をはかってみたところ5分をきっていました

 

 

子宮口7cmです

 

旦那さんと一緒に産院へ行き、

 

 

「いや、まだ陣痛じゃないかもしれない」

 

 

とこの時点でも言い張る私

 

 

そしていわゆる、内診グリグリを経験。

 

 

 

陣痛より内診グリグリのが痛かった!!!

 

 

 

「子宮口7cmに開いてるので、もう産まれますよ!」

 

 

と言われ、やっと出産するということを理解。

 

 

急遽、入院することに。

 

 

 

家にいた時より、強い痛みがくるように

 

 

 

産院の壁紙が可愛いのだけれど、コイツ

 

f:id:harumama-ikuji:20171210115220j:image

 

なんで、頭から花生えてるんじゃ!

 

 

 

と八つ当たり(笑)

 

 

痛みがきた時、コイツにむかって息を吐くというのが効果的でした。

 

 

 

有り難かったのは、旦那さんが立ち会い出来たこと。

 

 

強くなる陣痛の時に、お尻を押さえてくれたり、飲み物サポートしてくれたり、

 

 

ホントに傍にいてくれて心強かったです。

 

 

 

仰向けになるのがつらかったので、

 

横向きで出産することに。

 

 

早い段階で子宮口は全開になったけれど、

 

 

産道が狭くなかなか赤ちゃんが出てこない状態が2時間程続き

 

 

3回いきめば出てくると思っていた私は、絶望的に思えた2時間でした…

 

 

陣痛がきたらいきむ、寝る、いきむの繰り返し

 

 

よく出産したら痛みを忘れると言うけれど、

 

 

私は忘れないくらい痛かったのと、逃げ出したくなる怖さ、寒さがありました

 

 

でも、隣で旦那さんがずっと応援してくれていたので、がんばることが出来ました。

 

 

助産師さんもずっとつきっきりで、マッサージしたり温めたり、有り難かったです。

 

 

そして、産院にきて6時間

 

 

息子、誕生!

 

 

ドラマみたいに「産まれましたよー!」「オギャー」

 

 

というのを想像していたけれど、実際は

 

 

過呼吸気味だったこと、体力が続かなかったことで、

 

目の前が霞んで、初めは子どもがよく見えませんでした。

 

 

助産師さんの「13時45分!!!」

 

 

と叫んだ声だけが頭の中を

 

 

グルグル…グルグル

 

13時45分…13時45分…キリがいいな…

 

 

 

 

胸の上に息子を乗せてもらった時、

 

 

 

ふにゃふにゃで、あったかくて、やわらかくて

 

 

こんなに小さい人がいるんだ

 

 

って当たり前のような事を思った。

 

 

 

あ、やっと会えたね。

ようこそ、いらっしゃい。

 

 

予定日より3週間早かったけれど、

 

 

体重は足りていて、とても元気な男の子。

 

 

がんばって、産まれてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

その感動に浸ってる間も

 

 

私はまだ終わっていませんでした…。

 

 

 

胎盤が出てくるのが、痛かった…。

 

 

胎盤を見たけれど、手より大きく、どうやって出てきたの?と思うレベル。

 

 

裂けてしまった股を縫ってもらったり、

 

 

痛いはまだ続いたけれど、

 

 

がんばってくれた、赤ちゃんと

 

 

旦那さんに感謝です。

 

 

予定日12月12日に生まれておいで、

 

イチ、ニー、イチ、ニー!

 

とお腹に言い続けていたけれど、

 

11月22日、イチイチ、ニーニーに生まれてきたのはびっくりしましたw