今日も明日も、わかばマーク

アラサー妻と、台湾人夫の、のんびりすぎる妊娠・育児キロク。妊娠~育児…毎日が初めてだらけ。私の体験が誰かの役に立てばと思いブログにしました。

あかちゃんが選んだ、あかちゃんのための絵本

こんにちは、はるです。

 

「赤ちゃんが選んだ」

「赤ちゃんのための絵本」

 

その言葉にひかれて購入した絵本について紹介します。

 

 

 

 

0歳児から読める絵本

 

妊娠中に、本屋で目を引き、即購入した絵本がこちら

 

 

東京大学あかちゃんラボ

 

 

「もいもい」

 

もいもい (あかちゃん学絵本)

 

「モイモイとキーリー」

 

モイモイとキーリー (あかちゃん学絵本)

 

 

 

実際に赤ちゃんに選んでもらって、出来上がった絵本だそうです。

 

 

大人からすると意外ですよねw

 

 

 

赤ちゃんの目にとまった絵と

 

赤ちゃんに言葉のイメージから選んだ絵

 

 

赤ちゃんの「好き」がわかる絵本。

 

 

 

ちなみに、他にも絵本が出ています。

 

うるしー

 

 

「もいもい」「モイモイとキーリー」

 

0歳児からの絵本なので、

 

 

ストーリーではなく「もいもい」「キーリー」「もい、もい」といった音が登場します。

 

 

 

ちなみに、モイモイはフィンランド語でこんにちはという意味らしい…

 

 

 

「もいもい」の絵はなんだか胎児みたい。

 

「モイモイとキーリー」は紙質が油絵みたいで、ステキな絵本です。

 

 

 

生後2ヶ月の赤ちゃんに読んでみた

 

 

「赤ちゃんの」「赤ちゃんによる」「赤ちゃんのための」絵本

 

 

を読んでみた。

 

 

生後2ヶ月、私の顔をみて笑うようになりました。

 

 

 

 

 

ついに、この時がきた…(にやり)

 

 

 

 

早速「もいもい」を見せながら読み聞かせてみた。

 

 

 

 

私「もいもい」「もーい、もい!」「もいもい、ぽ」

 

 

 

今、もし何も知らない人が私をみたら

 

 

 

 

コイツ、何喋ってんだ?って思ったにちがいありません…

 

 

 

しかし…!!

 

 

 

 

息子は、「もいもい」を凝視!!!!!!

 

 

 

「モイモイとキーリー」にいたっては、笑う!!

 

 

「あーうー」と声に出して興奮していました。

 

 

 

 

 

すごい…この絵本はすごいぞ…!!!

 

 

 

もっと月齢が上がったら、今以上に興味をしめしてくれるかも!!

 

 

 

おまけ

 

息子以上に1番この絵本に食いついたのは、

 

 

 

 

 

5歳の姪っ子でした(笑)

 

 

 

 

赤ちゃんのお世話したーい!!

 

 

と言っていた姪っ子。

 

 

平仮名を覚えたばかりの姪っ子。

 

 

 

絵本を読み聞かせてくれました。

 

 

平仮名が読めること、

 

赤ちゃんに絵本を読ませてあげることが出来たこと、

 

 

 

ものすごく喜んでいました!!(感涙)